将来の脱炭素社会への急変革を見据えて、過去の技術革新を振り返る(自動車 排気ガス規制)

[収録日時]2021/11/26-2021/11/26

将来の脱炭素社会への急変革を見据えて、過去の技術革新を振り返る(自動車排気ガス規制)

Part2将来の脱炭素社会への急変革を見据えて、過去の技術革新を振り返る(自動車 排気ガス規制)

2021年11月26日(金)開催の「グローカル化のためのSDGs勉強会」(Zoom開催)収録内容を抜粋して掲載しております。

今、世界人類はSDGs17目標を2015年国連合意を経て、人類のサステナビリティと真の豊かさへの努力を誓いました。13番目の項目「気候変動に具体的対策を」として脱炭素社会への達成を2050年として努力を継続しています。産業革命以来、約1世紀半に渡り築いてきた石炭、石油、天然ガス利用社会を向う30年といった短期間でのゼロ達成には大きな困難があります。今回、こうした困難な技術開発の過去例として自動車排気ガス対応の技術進化を振り返ることにより、課題解決への過去参考例としてご紹介します。

  • 三輪 真一

    岐阜大学 グローカル推進機構   特任教授

視聴する

Back